某カップ麺が、最近、爆売れしているそうです。

一人暮らしの独身男性部屋が、カップ麺の容器でゴミ屋敷になってしまったという話もあるようです。

実際、ゴミ屋敷片付け隊もカップ麺の容器を処理することが非常に多いです。

カップ麺

皆さんは、カップ麺の空容器って、ゴミの分別表示がプラスチックが多いということを、ご存知ですか?

因みに、プラスチックは大まかにいうと合成樹脂の総称です。

なのでPE(ポリエチレン)も、PP(ポリプロピレン)も、PVC(ポリ塩化ビニール)も、PUR(ポリウレタン)も、プラスチックです。

中にはプラスチックという一つの材質と思われていた方も多いのではないでしょうか?

尚、プラスチックは普通ゴミとして出せる場合が多いと思います。資源ごみで分別が必要な場合もございます。

詳しくは、お住いの自治体にてご確認下さい。

もし、上記のように普通ゴミにて処理ができる場合は、プラスチックのカップ麺の容器は容易に処理できるのではないでしょうか?

ですが、カップ麺の容器もプラスチックとは限りませんので、容器の記載をよくご確認下さい。

逆にペットボトルとは、プラスチックの一種であるPET (ポリエチレンテレフタラート)を材料として作られている容器ではありますが、資源ごみとして分別が求められます。

キャップはPPやPEを使用していることが多く、フィルムはPPが多いです。

よって、ペットボトル、キャップ、フィルムは分別が必要になります。

これらの、分別が面倒だと思ったり、今まで貯めたプラスチックゴミがご自分で処理できない場合は、

 

ゴミ屋敷清掃業者ゴミ屋敷片付け隊エムズサービスにご相談下さい。

プラスティック容器回収ならお任せください