今日は、ゴミ屋敷で非常に多い、ジュースの空き缶やペットボトルについてお話したいと思います。

まずは、空き缶から。

飲料物の種類により、空き缶の充填方法も異なるわけですが、主にミルク入り飲料(コーヒー、紅茶など)は、内部の圧力を外圧より低めに設定させているので、丈夫なスティール製の缶を使用しております。メリットとしては、信頼性の高い品質保証検査(打検)が可能となってます。また、残留酸素が少ないので、内容物の品質を守ります。

そして、一部の果汁飲料や、炭酸飲料、ビールなどは、一緒にガスを充てんさせる方式を採用しているため、缶の内圧が外圧より高くなっております。このため、缶の銅が薄くても、強度の保持ができるので、主にアルミ製の缶を使用し、軽量化、省資源化を実現させております。

次に、ペットボトルに関するお話。

野菜ジュースや果汁入りジュースは、主に耐熱用ボトルを採用しており、高温で殺菌した原料を入れるため、高温に耐えられる材質で作られています。また、製造工程で、急激に冷却しなければならないので、温度変化によるボトルのへこみをふせぐため、ボトルの形状を四角のでこぼこ(減圧吸収パネル)で囲んでいます。

炭酸飲料は、ガスの内側からの圧力に耐えられるよう、まるい形状の耐圧用ペットボトルを採用しております。また、飲み口の部分には、キャップを開けた瞬間、ガスを抜きやすくさせるため、縦方向に溝が掘ってあります。

果汁入り炭酸飲料は、ペットボトルの飲み口が白いのが特徴で、上記の耐熱用と、耐圧用のペットボトル両方を兼ね備えた構造になっております。

ミネラルウォーターや、お茶、スポーツドリンクは、高温殺菌しないで無菌状態で飲み物を入れることができる、無菌充填ボトルを採用しております。炭酸飲料にも使わないので、薄くて軽い材質で作ることができます。また、ボトルの強さを維持させるため、周囲に溝やくぼみがあるのも特徴です。

ここで、資源ごみとして、缶やペットボトルを透明の袋に入れるとき、空き缶、空き瓶、ペットボトルは中身を出して水洗いをしてください。そして、空き瓶、ペットボトルのキャップをはずし、プラステック製のものは容器包装プラステック、金属製のものは、資源ごみとして出すようにしてください。

空き缶、ペットボトルの大量処分に困ったらコチラまで