今回は、ゴミ屋敷回収業で、比較的多くみられる、電池のお話です。

電池には、大きくわけて、一回限りの使い切り電池、繰り返し使うことができる充電式電池があります。

1回限りの使い切り電池には、筒形の乾電池と、ボタンやコインの形をした電池があり、それぞれ廃棄方法が異なります。

まず、筒形乾電池は、テレビのリモコンや、目覚まし時計などに使われているもっとも一般的な電池です。

こちらは、お住まいの地域によってはゴミの日に直接出すことができますが、ここで気をつけてほしいのが、電池に容量が残っていると、他の金属や電池と触れて、ショートし、発熱や発火などの事故を起こすことがあります。

ですので、筒形乾電池を廃棄させるときは、プラス極とマイナス極にビニールテープなどを貼り、絶縁させた状態で廃棄するようにしてください。

ボタンや、コインの形をした電池も同様に、プラス極とマイナス極に、セロハンテープや、ビニールテープを貼り、他の金属と直接ふれないようして、廃棄させるのですが、こちらは、水銀の成分が含まれているため、基本的に市町村のゴミに出すことはできません。

廃棄させるときは、ホームセンターや、電器店などに設置されている、リサイクルボックス(回収ボックス)に入れるようにしてください。

サービスカウンターなどで、捨ててもらえますか?と聞いていただけると処分してくれると思います。

余談ですが、繰り返し使うことができる充電式電池は、蓄電池や2次電池とも呼ばれ、こちらも使用後は、ボタン電池と同様に、リサイクルボックスに入れてもらいましょう。

後々、ニッケルや、カドニウムといった資源を取り出し、再利用するそうです。

もし、こういった使用済みバッテリー(電池)が、ひとつのボックス内に大量保管されている方は、要注意!突然発火する危険もありますので、すぐに、絶縁テープをひとつずつ貼るか、あるいは、専門業者に回収依頼してください。

使用済みバッテリーの回収も行っております。業者に依頼するならゴミ屋敷片付け隊エムズサービス