自己肯定感とは、自らの在り方や、存在意義を積極的に評価できる行動や感情を表しております。

このように、述べてみますとなんだか難しい表現に感じますが、要するに、自分自身が世の中に必要とされているんだという自信の表れが、自己肯定感が高いと言えそうです。

グローバル的にとらえてみますと、日本人の自己肯定感は世界の中で圧倒的に低いといわれております。

高校生を対象としたアンケートで「自分はダメな人間だと思ったことがありますか?」という質問に対して、日本人の実に72.5%が「とてもそう思う」「まあまあそう思う」と回答しており、同じ質問に対する答えとして中国56.4%、アメリカ45.1%、韓国35.2%の高校生がYESだという結果をみても、日本人の自己肯定感が低いと言えるでしょう。

日本人の自己肯定感が低い原因を探っていくと、どうやら学校の教育システムに問題があるようです。今の学校では、それぞれの個性を見出していく機会も、健全な人間関係をはぐくむ機会もほとんどなく、偏差値などの基準で全人格を判断するシステムになっているようです。そして、成長する過程で、他人から評価されることで、はじめて存在価値があるとインプットされてきました。結果的に少しでもできないことがあると、「自分はダメな人間なんだ」と思い込むようになってきました。

特に重度の、内にこもるあきらめタイプの方は、どうせ無理が口ぐせとなってしまい、生活環境の悪化を招き、部屋じゅうが荒れ果て、ゴミ屋敷状態になる確率が高いとされています。早めの対処と、生活支援センターへの相談が必要になってきます。

ゴミ屋敷片付け隊エムズサービス

是非、「自己肯定感を高めれば、人生が豊かになる」ということを前提に、私たち日本人も創意工夫が必要な時期に入っております。例えば、人に対して親切な行動をとれば、めぐりめぐって自分のためになり、気持ちいいだけでなく、自己肯定感も高まることでしょう。あらためて、たとえ人と比べて劣っていても、自分はかけがえのない存在だという感覚、ありのままの自分をこれでよしと思える気持ちが大切です。